最新情報・お知らせ

近日実施無料ガイダンス

 リーダーズ式&リアリスティック式☆改正民法はこうして学ぶ! NEW!

 東京本校LIVE 12月7日(土)12:00~13:00

追っかけチャレンジコース NEW!

 パンフレットはこちらよりご覧いただけます。


業界最短・5ヶ月で司法書士試験に合格した松本雅典講師。SNSや書籍など様々な媒体で情報発信中です。

業界最短・5ヶ月で司法書士試験に合格した松本雅典講師。SNSや書籍など様々な媒体で情報発信中です。

『検索先の一元化』『テキストでアウトプット』など、講師独自の方法論を従来型の勉強法と比較してご紹介します。

『検索先の一元化』『テキストでアウトプット』など、講師独自の方法論を従来型の勉強法と比較してご紹介します。

法律専門予備校として46年の辰已法律研究所。当講座も、毎年、一発合格者を含む短期合格者を多数輩出しています。

法律専門予備校として46年の辰已法律研究所。当講座も、毎年、一発合格者を含む短期合格者を多数輩出しています。

民法は改正法に完全対応。その他の科目も2020年試験の出題法令に対応した内容で講義をいたします。

民法は改正法に完全対応。その他の科目も2020年試験の出題法令に対応した内容で講義をいたします。

講師自身が執筆したテキストを使用します。無駄な記載を省きつつも、本試験での出題領域を十分にカバーしています。

講師自身が執筆したテキストを使用します。無駄な記載を省きつつも、本試験での出題領域を十分にカバーしています。

記述式の解法について2冊の著書がある講師だからこそできる万全の記述式対策。解法を徹底指導します。

記述式の解法について2冊の著書がある講師だからこそできる万全の記述式対策。解法を徹底指導します。

講師独自の方法論のひとつに、音声学習(シャドウィング)があります。どのような方法論かをご紹介します。

講師独自の方法論のひとつに、音声学習(シャドウィング)があります。どのような方法論かをご紹介します。

他の講座にはない、非常に充実した受講生フォロー制度があります。初学者でも安心して受講可能です。

他の講座にはない、非常に充実した受講生フォロー制度があります。初学者でも安心して受講可能です。

実際に講義を体験できる機会を豊富にご用意しています。校舎でのLIVE講義のほか、WEBでも動画公開中。

実際に講義を体験できる機会を豊富にご用意しています。校舎でのLIVE講義のほか、WEBでも動画公開中。

本講座のスケジュールと受講料をご案内します。ご自身のライフスタイルに合わせて受講形態を選択可能です。

本講座のスケジュールと受講料をご案内します。ご自身のライフスタイルに合わせて受講形態を選択可能です。

受験生支援制度(各種割引制度や合格者研修費用贈呈など)のほか、豊富な申込特典もご用意しています。

受験生支援制度(各種割引制度や合格者研修費用贈呈など)のほか、豊富な申込特典もご用意しています。

本講座の申込方法について詳しくご説明しています。入学金は不要です。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

本講座の申込方法について詳しくご説明しています。入学金は不要です。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。


松本雅典講師からのメッセージ

各予備校に、法律学習未経験の方を対象とした基礎講座はあります。しかし、どの基礎講座も一発合格者が1人出ればいい方というのが現状です。それでは、司法書士試験に1回の試験で合格することはできないのか?できたとしても、特別な能力を持った人だけが1回で合格できるのか?そんなことはありません。たしかに、これまでの受験界の常識とされていた「情報の一元化」「テキストの勉強はインプット、問題を解くことがアウトプット」「とにかく何度もカコ問を繰り返す」「記述の申請書は書いて書いて書きまくる」等といった間違った勉強法では、一発合格できるのは特別な能力を持った人だけになってしまいます。

しかし、私が提唱している「情報の一元化ではなく検索先の一元化」「アウトプットの最高の教材はテキスト」「カコ問を何回も回すという方法ではなく、よりレベルの高いアウトプットをする」「条文・記述の申請書は、シャドウイング・音読学習法で」等といった 正しい勉強法を採れば、特別な能力がなくても、働きながらであったとしても一発合格が可能です。
私は、従来の勉強法と全く異なったこれらの勉強法を『司法書士5ヶ月合格法』(自由国民社刊)という本に書きました。本講座は、まさにこの本に書いている勉強法を具現化した、従来の基礎講座とは全く次元の異なる基礎講座です。

講座をご受講して頂くにあたって、みなさんにお願いがあります。それは、「自転車は必ずご自身の力でこいで下さい」ということです。どういうことかと言うと、司法書士試験とは、たとえて言うなら東京から大阪までの道のりです。みなさんは、東京から(ゼロから)スタートして、大阪(合格)を目指します。もちろん、どの道を通るべきか(何をどこまで勉強するべきか)は、私が示します。他の予備校では用意してくれない自転車(効率の良い勉強法)も用意します。しかし、自転車はみなさん自身でこいで頂かないと(きちんと勉強して頂かないと)、大阪(合格)に到着することはありません。自転車までは用意できますが、自動車や新幹線は用意できません。しかし、きちんとこいで頂ければ(きちんと勉強して頂ければ)、必ず大阪(合格)にはたどり着きます。それだけは、お約束します。

松本雅典