講座体系(2020年向け)

令和二年度司法書士試験延期をうけて


リアリスティック一発合格松本基礎講座(全128回)

導入講義、オリエンテーション講義(全5回)

講義名 回数
リアリスティック導入講義

民法の全体像①

1回

民法の全体像② 1回
不動産登記法の全体像 1回

会社法・商業登記法の全体像

1回

オリエンテーション講義

効果的な授業の受け方

1回

司法書士試験とはどのような試験なのかについて、一般的な説明だけではなく、松本講師独自の見方を披露。さらに、最重要科目についてその構造を松本講師が分析。民法からの本開講を安心して迎えるための準備をします。

導入講義、オリエンテーション講義はYouTubeで無料公開しています。

本講義(全123回)

科目  回数

民法

28回

不動産登記法 20回
会社法(商法)、商業登記法 31回

不動産登記法(記述式)

7回

民事訴訟法、民事執行法、民事保全法 

12回
商業登記法(記述式) 7回
供託法、司法書士法 5回
刑法 5回
憲法 6回

※補講が2回あり、全22回になります。

■超短期合格法の要諦『検索先の一元化』を実現する講義
ある知識を問われたときに、頭の中でどこを検索すればいいのか、そしてどのように思い出せば いいのかという視点が最も重要であるというのが「検索先の一元化」の考え方ですが、これを実際に行うにあたっては様々な工夫が必要となります。本講座では、この『検索先の一元化』のやり方を、具体的な科目内容に沿って、丁寧に解説していきます。

■インプットと同時にアウトプットの仕方(松本式アウトプット法)を指導

本講座は形式的にはインプット講座ですが、講義での指導内容はアウトプット(松本式アウトプット法)に関するものを含んでいます。松本式アウトプットのメイン教材はテキストです。ではテキストを使って具体的にはどのようにアウトプットを行うのか。それについては講義の中で詳しく解説をします。

記憶を活かすための工夫満載
講義では、次のような様々な“Recollect法”(思い出す方法)を駆使しながら、記憶の有効化を図ります。『算数的Recollect 法』『 Relating Recollect 法』『ゴロ合わせ・替え歌Recollect 法』『こじつけRecollect 法』『漢字Recollect 法』『その他のRecollect 法』。乞うご期待。

※民法、不動産登記法、会社法・商業登記法の初回講義はYouTubeで無料公開しています。